一般の方へ

トップ >> 一般の方へ >>  頭頸部の再建術

頭頸部とうけいぶの再建術

病気の説明

頭頸部がんとは鼻、口、のど、上あご、下あご、耳などの部分にできるがんのことを指し、具体的には舌がん、咽頭がん、頸部食道がん、耳下腺がんなどがあります。

治療の方法

治療法には手術、放射線治療、化学療法がありますが、病期によって適切なものが選択され場合によりこれらを組み合わせて行われることもあります。

頭頸部のがんに対し広範囲の切除術が行われた場合、その欠損部を再建する必要があります。そうでないと食事、会話、呼吸などに著しい困難をきたすことになります。手術は形成外科医を中心とした再建外科医が担当します。再建には体の他の部分から皮膚、骨、腸の一部などをいただいてきて移植するという手術が行われます。移植には、移植する組織の栄養血管(動脈・静脈)を移植部位の血管とつなぎ合わせるマイクロサージャリーという技術を用いた遊離組織移植が主に行われています。

印刷する